立命大 農地改善技術の普及へ 自治体・企業と連携

立命大  農地改善技術の普及へ 自治体・企業と連携

立命館大学は、イオングループや京都府などと共同で、農地を改善して生産性を高める独自技術の本格普及に乗り出す。すでに実証実験で農作物の収量が増えるなどの効果を確認しており、濃業参入を検討する企業や、農業による地域振興を目指す自治体からの関心が高く、様々な支援策を展開する考えだ。

同大学の久保幹教授らのグループが確立した土壌の肥沃度を診断する「SOFIX」と呼ぶ手法を普及させる。窒素、リン、カリウム、微生物といった農作物に欠かせない成分の量などを分析し、必要に応じて落ち葉や牛ふんなどの有機材を混ぜて土壌を改善する。有機農法の生産効率を高め、農家の収入向上につなげる。JAおうみ富士(滋賀県守山市)の試験農場で土壌改善後にトマトなどを栽培したところ、品質向上を確認。イオングループの兵庫県三木市の大規模農場でも、条件を変えてキャベツを育て収穫量が1.4~2倍になることを実証している。

こうした実績から、農業強化や地域振興に生かせると判断し、企業や自治体に協力する形で普及を進める。パナソニック、丸紅、近江八幡市に本社を置く菓子製造・販売のたねや、草津市、守山市などと協力する。ただ、当面は今年1月に連携協定を結んだ京都府丹後あじわいの郷(京丹後市)を拠点に、丹後地域の6次産業化の推進や「食」に関する人材育成事業などに取り組む計画。

 

農研機構作物研究所 短期間で育つサツマイモ育成

農研機構作物研究所 短期間で育つサツマイモ育成

農研機構作物研究所は、短期間でイモが肥大する青果用サツマイモの新品種「からゆたか」を育成した。青果用サツマイモは1年間で5~8月の価格が最も高いため、高値出荷を狙った早掘栽培が行われている。通常品種ではイモを挿し苗してから1個200㌘に育つまで120~160日必要だが、からゆたかは100日程度で育つほか、収量も「ベニアズマ」に比べ1.6倍以上と多い。これまで栽培期間が十分に確保できなかった地域で、新規作付が可能になるという。佐賀県上場地区でジャガイモの後作として導入が見込まれているほか、民間種苗会社を通じて種苗販売を目指す。

農研機構が果実のパック詰めロボット開発 4割省力化

農研機構が果実のパック詰めロボット開発 4割省力化

農研機構生物系特定産業技術研究支援センターは11月26日、ヤンマーグリーンシステムと共同で、軟弱なイチゴの果実を傷つけずにパック詰めできるロボットを開発したと発表した。最大で6個の果実を同時に扱う。手作業に比べパック詰め作業を約40%省力化できる。2015年4月からヤンマーグリーンを通じて発売する。ロボット単体で500万円程度。

近畿大 イネの白葉枯れ病菌増殖の仕組み解明

近畿大  イネの白葉枯れ病菌増殖の仕組み解明

近畿大学農学部サイエンス学科の川崎努教授らの研究グループは、イネの病害の一つである白葉枯れ病菌が増殖する仕組みを解明した。病原菌のエフェクターと呼ばれるたんぱく質をイネの細胞内に送り込むことで、免疫応答を阻害し感染を拡大する。今回の研究で白葉枯れ病菌のエフェクターの種類を特定。イネの細胞に含まれる免疫たんぱく質に直接結合し、酵素活性を妨げることを突き止めた。エフェクターの分泌を抑える薬剤が見つかれば、白葉枯れ病菌に含む細菌病の解決に貢献できる。イネの細胞に含まれる免疫たんぱく質「OsPUB44」が、ユビキチンと呼ばれるたんぱく質を付加することで、免疫応答を制御する酵素であることが分かった。

真鯛に伊予柑の香り 愛媛県研究センターが加工技術開発

真鯛に伊予柑の香り 愛媛県研究センターが加工技術開発

愛媛県農林水産研究所水産研究センター(愛媛県宇和島市)は、養殖真鯛(マダイ)に伊予柑(イヨカン)の香りを効率よく加える技術を開発した。ジュースの製造時に回収されるイヨカンの精油を飼料に少量加えた。年内にも出荷が始まる見通しだ。

飲料製造会社のえひめ飲料(松山市)と共同で開発した。イヨカンの果皮に含まれる精油を使う。マダイの重さの0.1%分にあたる精油を飼料に加えると、魚の脂肪分に香り成分が移る。出荷の2週間前からイヨカンの精油を加えた飼料を与え始めれば、いけす内のマダイに行き渡るとみている。